2020年04月22日

教育の機会は全国平等ではない

今更ですが、教育の機会は全国平等ではありません。
それは、高等教育では顕著です。

でも、義務教育でも実はかなり違います。


5月6日でこのコロナ禍が収まるはずがありません。
ワクチン開発に1年、製造して普及するのにさらに1年はかかります。

休校が終わったとしても、今まで通り一クラス40人をひとつの教室に入れて授業をすることは減らしていくことになります。
(学校関係者がそのことを理解していない人が少なからずいるような気がします)


オンライン授業が完璧だとは思いませんが、併用していかなければ教育が停滞していきます。




熊本市はいち早くタブレットを活用したオンライン授業を導入しています。

これは、休校を決めたのと同時にやっています。


さて、東京都



港区のみ・・・。


検討中が12区。


検討する、ということはできる方法を検討するのではなく、出来ない理由を検討しているようにしか思えません。



これ、要するに住んでいる市区町村によって、受けられる義務教育が異なってくるんですよね。

文部科学省は、未履修のまま終了した単元は仕方がないから、そのままでよい、という通知を出しているようです。

ということは、やる気のない学校はこのまま何もせず休校期間が延びるわけです。
やるきのある学校は、オンライン授業で未履修単元をなくしていくわけです。



もともと教育の機会が不平等なのだから、今更騒いでも仕方がないことなのでしょうか。



とりあえず、やれることはやっておきましょう。
自宅のオンライン化。
これ、必須です。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都をはじめとした、いくつかの地域で医療崩壊が起き始めています。
コロナウイルスに関する病気だけでなく、重症のけがであっても治療を受けられない可能性があります。
いざ、自分が病院にかからないとその事実に気が付きません。
一見平和で何事もないのに自粛しているだけのように見えますが、ウイルスはあなたのすぐそばにいます。
自分と、自分の大事な人の命を守るための行動を心がけましょう!


secondaryexsam at 22:49|PermalinkComments(0)

2020年04月21日

学校の宿題が多すぎ

学校が休校となった2月。
5年生の間に出された課題は「各自で学習すること。提出の必要はありません。」でした。
課題は、保護者宛にメールで知らされていました。
メールが来ていることは確認していましたが、提出する必要が無いので、何もやらせることなく済ませていました。

そして、休校が延長となった6年生の4月。
今度は、課題を取りに学校まで行く必要がありました。
そして、今度は提出する必要がある宿題が出されました。


その内容ですが
国語が主に漢字。6年生の新出漢字の練習と5年の漢字の復習。
社会が調べ学習。資料は何を使ってもよいそうです。
算数が5年の復習プリント12ページと、6年生の文字式のワーク。
英語がアルファベットの練習。


そこそこの量があります。



このヤフートピックの記事ではありませんが、何のための宿題なのでしょう。

特に算数の文字式のところが宿題に出ているのが、理解不能です。
ここ、つまづきポイントです。
中学受験の勉強をしているこどもならば、既に既習の内容ですから、問題がありません。
でも、これは中学数学の入口となるポイントです。
分かりやすい数字が文字に置き換わるだけで理解不能のこどもはいます。
それを、「教科書を読んでやっておくこと」とは・・・・。


英語のアルファベットの練習も意義はわかります。
英検2級を既に持っている息子は、バカらしさを感じながら終わらせていました。



結局終わらせるのに、トータル12~3時間はかかっていました。

おそらく、平均的な児童だとその倍近い時間がかかるのではないでしょうか。




おそらく、3月の休校中に
「提出が必要ない課題だと、やらないから提出させるようにしてくれ」とか
「課題がないと家庭学習をしないから、授業に準じる量の課題を出してくれ」
という要望があったのでしょう。

わからなくはないのですが、こんなに必要ないでしょう。
この調子だと1学期は授業がほとんどできないので、この提出物で成績を付けるつもりなのでしょう。
それがわかっているので、丁寧にやらせましたが。


普段の学校では、わからない子に教えるなりすることで、息子の成長が見込めるのですが、単に既習の内容を課題としてやるだけでは本当に時間の無駄です。

5月中もおそらく休校でしょう。
そうすると、またこんな課題がでるのでしょうね。


こども一人一人に合わせた課題は無理ですから、またやらせるだけです。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都では医療崩壊が起き始めています。
コロナウイルスに関する病気だけでなく、重症のけがであっても治療を受けられない可能性があります。
自分と、自分の大事な人の命を守るための行動を心がけましょう!


secondaryexsam at 22:44|PermalinkComments(0)

2020年04月20日

小さい画面では授業にならない

大学でオンライン授業を導入しようとしたが、そもそもパソコンをもっていない学生が多くてできなかった、などと言う話が出てきています。

スマホは、情報を受け取る端末としては、優秀ですがあの大きさの画面で授業を受けても身につきません。

学校によっては、三面に黒板があることを自慢しているところがあります。
この、アナログな世界を否定できない部分があるのです。

人は、ある程度の大きさで見ないと、頭に入ってきません。

オンライン授業の際、スマホだけでは話になりません。
タブレットでぎりぎりです。
もしタブレットをご利用ならば、テレビをモニターとして使えるようにしておくことを強くお勧めします。

出来ればPCが必要です。
できるだけ、大きめのモニターを導入することをお勧めします。


さて、このブログをご覧いただいている方のおよそ60%がスマホをご利用になっています。
ご家庭内で7Gの制限を超える方が二人以上いるご家庭は、光回線を導入することを強くお勧めします。


わが家でも使っているのがこのNURO光です。
月額使用料が安価なのに、回線が安定してい、てなおかつ早いです。

家庭用の電話をまだ使っているご家庭は、それだけで確実にやすくなります。
そうでないご家庭でも、スマホの契約を見直せばほぼ無料で導入できることになります。


1日の授業のほとんどが、ネット経由となる可能性が、否定できないこの状況です。
早めに導入して、その環境を整えることが早急に求められていると思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都では医療崩壊が起き始めています。
コロナウイルスに関する病気だけでなく、重症のけがであっても治療を受けられない可能性があります。
自分と、自分の大事な人の命を守るための行動を心がけましょう!


secondaryexsam at 18:07|PermalinkComments(0)