2020年04月20日

不急だけど不要ではないこと

2020年の開成中学の国語の入試問題。
ものすごい題材が出されたようです。

息子は多分、読み取れないでしょう。



6年生男子。

そうです。男女の差が最も開く年代です。


どうやら女の子を好きになったことはなさそうです。


息子は、「男の子だから・女の子だから」とか、「年上だから・年下だから」とか、「日本人だから・外国人だから」などという、区別を全くしていません。


そんなようですから、女性を意識することが無いのかもしれません。



さて、先日の事。

近所の公園に散歩に出かけました。

それなりに人が出ています。

中学生くらいの男女6人くらいのグループがいました。
息子は
「あんなに近くで話をしたり、一緒にご飯食べたりしちゃだめだよ。感染リスクが高いじゃないか」
と、えらくご立腹でした。


そうです。
息子の言う通りです。


でも、自分はそれを完全に否定しきれませんでした。



中高生って、恋をしてみたい時期じゃないですか。
それが、学校がないから会えなくなっているんですよね。
急いで会わないといけない理由は一つもないですよ。
でも、不要なことではない・・・・・。



そんな話を息子にしたのですが・・・・。



全く理解できないようです。
「いや、それでも感染リスクを高めてまであう必要なない。」
あくまでも正論を吐くのでした。



いや、だから・・・・・・・・。



6年生男子の春の話でした。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都では医療崩壊が起き始めています。
コロナウイルスに関する病気だけでなく、重症のけがであっても治療を受けられない可能性があります。
自分と、自分の大事な人の命を守るための行動を心がけましょう!


secondaryexsam at 16:18|PermalinkComments(0)

現在の息子の状況

さて、困りました。

息子は読売KODOMO新聞を購読しています。
4年生のときから購読しているため、もう2年間読んでいます。


読売KODOMO新聞は1週間に1回で気軽の読めるのが良くて購読を始めました。

それが、気が付くと大人の新聞を読むようになっていました。
大人の新聞は読売新聞ではないので、論旨が違ったりしてそれもまた面白いようです。


さらに、英語のリスニングの練習のために、基本的に毎日英語でのニュース番組を10分~30分見ています。
ですから、ニューヨークでの悲惨な実態などを目にしています。


明らかに、小学6年生としては入ってきている情報が濃すぎます。



大人でさえもそれらの情報をどう処理していくかに戸惑っているのに、社会経験が少ない6年生が処理しきれないのは十分にわかります。

そして、自分の入試が本当に行われるのかどうなのかについて、ものすごい不安に苛まされています。



緊急事態宣言が発令されて以降、ますます息子の中で追いつめられるものが大きくなっているようです。


正直に、勉強に集中できていません。


どうしてあげることもできません。




多分、あと2週間くらい何もしなくてもどうにかなりそうですから、温かく見守るしか方法はありません。

でも、ちょっと困っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都では医療崩壊が起き始めています。
コロナウイルスに関する病気だけでなく、重症のけがであっても治療を受けられない可能性があります。
自分と、自分の大事な人の命を守るための行動を心がけましょう!


secondaryexsam at 16:06|PermalinkComments(0)

2020年04月19日

温かくなれば落ち着く・・・ことはありません。

同じようなことを何回も書きます。


緊急事態宣言が全国に出されました。
一応5月6日までと言うことになっています。

それまで基本的に公立小中学校は休校になっていると思います。



そろそろお気づきと思います。
5月7日から普通に学校が始まることはありません。

文部科学省は学校再開の基準を明確に示さず、その責任を各市町村の教育委員会になすり付けています。





コロナ禍は温かくなれば大丈夫、という楽観論を言っている人も見受けられますが、常夏のシンガポールでも蔓延していますし、ハワイもいまだに海岸閉鎖をしています。すなわち、対策を講じない限り、自然に消滅することは考えられない、ということです。


では、日本ではどうなっていくのでしょう。

おそらく、8月いっぱいくらいはまともに学校へ行くことは難しくなるでしょう。
どこからをまともに学校へ行く、とするのかと言う話になってくると思います。

一つのクラスを2分割し、午前授業班と午後授業班にわけて授業を再開する。
これをまともな通学というのであれば6月くらいから不可能ではないと思っています。
どっちにしても、今更夏休みはないでしょう。


希望的観測として、9月からは毎日学校へ通えるようになってほしいと思っています。


一部で出ている1年全員留年論は、無理です。
保育園・幼稚園がキャパオーバーになります。



いろいろと、最悪の事態を想定して心の準備をしていきたいと思っています。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都では医療崩壊が起き始めています。
コロナウイルスに関する病気だけでなく、重症のけがであっても治療を受けられない可能性があります。
自分と、自分の大事な人の命を守るための行動を心がけましょう!


secondaryexsam at 14:44|PermalinkComments(0)新型コロナ関係