中学受験の範囲に対する疑問そういえば、オリンピックのチケットを購入していた

2019年11月09日

小学校の先生は中学入試の問題はできない


算数の授業中のこと。
単元としては分数のところをやっていたようです。

息子がやらかしました。

先生が
「じゃあ、みんなで分数を使った問題を出し合ってみましょう」
と言ったそうです。


中学受験の勉強をしたことがある人ならば問題なく解けるような問題を自分で考えて出したそうです。

たまたま、出題された相手も中学受験をする子だったので問題なく解けたようです。


でも、先生が・・・・・。



担任の先生は大変熱意がある良い先生です。
でも、おそらく中学受験の経験はありません。


そのため、先生はその問題を解けなかったそうです。


方程式を使って一度答えを出してから、方程式を使わない方法で考える、という方法もご存じなかったようです。


多分、担任の先生だけではないと思います。
中学入試の算数の問題はほとんどの小学校の先生が解けないことでしょう。




息子が出した問題は、記憶していたものではなく、自分でちゃんと考えて作ったものでした。
中学受験を教えている側からすれば、その単元をきちんと理解していることを褒めるべきでしょう。
ただし、親の立場からすると、まずいです。

「えへへ。先生、わかんなかった!」みたいに、口では言ってくれたとしても、やはりかなり自尊心を傷つけます。

今後は、「問題を作ってみましょう」と言われたら、簡単なものを作るようにさせたほうがよいようです。









にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ

こちらのブログをお読みの方は、中学受験を検討されている方が多いと思います。
お願いがあります。
学校説明会などで、必ず
「英語はフォニックスから始めますか」
と、聞いてください。
その理由はこちらの記事をご参照ください。





secondaryexsam at 02:00│Comments(0)算数の勉強方法 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中学受験の範囲に対する疑問そういえば、オリンピックのチケットを購入していた