第2回志望校判定サピックスオープンの結果塾弁っていつ作ればいいの

2019年11月28日

安定しているのかしていないのか

試験結果に親が一喜一憂するべきではなく、冷静にその後のことを考えなければいけない。

そのごく当たり前のことですが、わが家の場合一喜一憂もあまりしません。

5年生になってからの四谷大塚の偏差値の推移をみると、不思議なのです。

4教科総合ではジワリと上がっています。
1~2上がって、0.5~1下がってとやって結果的に4上がっています。

大崩れもしないし、大当たりもしません。


ところが、教科別にみるととんでもないことになります。

国語の偏差値の幅は8.5
算数の偏差値の幅は9.5
理科の偏差値の幅は14
社会の偏差値の幅は10.5


これで、全ての教科で最高値を出せれば怖いものなしの成績が出てきますが、全てが最低値の値になると、目も当てられなくなります。


はたしてどのお子さんもこんな状態なのでしょうか。







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ

こちらのブログをお読みの方は、中学受験を検討されている方が多いと思います。
お願いがあります。
学校説明会などで、必ず
「英語はフォニックスから始めますか」
と、聞いてください。
その理由はこちらの記事をご参照ください。

secondaryexsam at 09:57│Comments(0)四谷大塚 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第2回志望校判定サピックスオープンの結果塾弁っていつ作ればいいの